なぜ数あるロレックスモデルの中でも、スカイドゥエラーへのニーズが高まっているのでしょうか。

2012年に発表されたロレックスの異端児スカイドゥエラー。
「世界を旅する旅行者のために」というコンセプトのもと作られたこのモデルは、ロレックスきってのコンプリケーション×スポーツロレックスなのにドレッシーと言うことで、誕生以来ロレックス愛好家の間で何かと話題の的になってきました。
一方で「変わり種」といった立ち位置でもあり、スポーツロレックスなのにデイトナやGMTマスターII、サブマリーナなどといった定番ほどの人気機種にはなりませんでした。
しかしながら最近、その様子が変わっています。と言うのも、このスカイドゥエラーへの注目度が上がり、それに比例して相場もぐんぐん上がっているのです!

なぜ数あるロレックスモデルの中でも、スカイドゥエラーへのニーズが高まっているのでしょうか。
そもそも、スカイドゥエラーとはどんな時計なのでしょうか。
この記事では、ロレックス スカイドゥエラーについて徹底解説いたします!
普通の時計には飽きた。何か特別な一本が欲しい。そんな時計好事家は、ぜひスカイドゥエラーの魅力を体感してみてくださいね。

スカイドゥエラーとは?その魅力は?
スカイドゥエラーは2012年のバーゼルワールドにて衝撃的なデビューを飾ったスーパーコピーロレックス渾身のコンプリケーションモデルです。
このモデルは 世界中を飛び廻る旅行者をターゲットとしており、第二時間帯の表示機構があることが特徴です。

魅力的な二つのコンプリケーション
GMTマスターにも同機能が搭載されていますが、このモデルは一味違います。と言うのも、24時間表示ディスクにより第二時刻を示す革新的な機構を備えているのです。
しかも、スカイドゥエラーはGMT機能の他にもカレンダー機能が搭載されており、このカレンダーは非常にシンプルなアニュアルカレンダーとして高い評価を得ました。
アニュアルカレンダーと言うのは年次カレンダーとも呼ばれる機構で、「年に一度、2月の末日のみ手動でカレンダー調整を行えば、その他の月は手動調整不要」といったものとなります。
一年間を通して、月末は30日と31日がありますね。それぞれ小の月・大の月と言った呼び方をするのですが、通常の時計は30日の次は自動で31日に日付が変更されるため、小の月の翌日は手動で1日に変更しなくてはなりません。

しかしながらアニュアルカレンダーは、機構そのものに一年間のカレンダーが記憶されており、たった一度、2月の末日だけ手動調整すれば、あとは小の月・大の月を勝手に判断して表示してくれるのです。
アニュアルカレンダー自体は新しい機構ではありません。しかしながらロレックスが「画期的」と言われるのは、このアニュアルカレンダーを実用に近づけたこと!
ロレックスはその知名度やステータスがよく取沙汰されますが、実際はロレックスとは実用時計の王者です。これは、どの時計業界人やメディア、愛好家も認めるところで、「日常でガンガン使える」「毎日着用するスーツにしっくりくる」といった、ビジネスマンの毎日を彩るために日用品的側面がありました。

コンプリケーションはえてして実用が失われるものです。機構が複雑になるため、衝撃に弱かったり、操作性が悪かったりとしてしまいがち。しかしながらロレックスは、日常で使うことを前提としたコンプリケーション開発に尽力しました。

その結果が、このスカイドゥエラー。
ケースにオイスターケースが搭載されており、高い耐久性・堅牢性を誇ります。そして、もちろん100m防水も健在です。
さらに、ムーブメント自体にも高い実用性が付加されていることが最も肝要なポイントです。

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です